凝り始めたらキリがないよね


ホームオーディオって楽しいよね、オーディオやってる人って変わってる人多いよね

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SHURE SRH1840【開梱&外観レビュー】PART2

前回に引き続きPART2となります。

前回の記事→PART1

1840-08


↑両出しタイプになっています
・思いの外、装着時にはほとんど邪魔になりません。

1840-09

↑パンチングメッシュの開放型カバー
・この部分がお気に入りの一つです(╹◡╹)♪

1840-10

↑イヤーパッドの取り外し方
・外し方
Z1000と同じように溝にパッドの返しの部分が入ってるので軽く引っ張りながら簡単に取り外せます。
・付け方
パッドの返しの部分を溝に軽く引っ張りながら入れていきます。

1840-11

↑取り外し後
・ハウジング内部に搭載されるドライバーには新開発の40mmダイナミック型ネオジム磁石が使われています。
・スチール製のドライバーフレームで固定されてます。

1840-12

↑ヘッドバンド
・デュアルフレーム構造を採用しています。
SRH940に比べ頭頂部に優しく、装着感も向上しています。
・適度な長さに調節可能です。

1840-13

↑ヨーク
・フレームとハウジングをつなぐヨークにはアルミ合金を使用しています。
これが総重量の軽減と強度の確保の両立させてます。
SRH1840:268g
下の3機種に比べダントツで軽いことがわかります。
【参考】SRH840:372g、SRH940:320g、SRH1440:343g

<その他写真>

1840-15

1840-14


<まとめ>
このSRH1840の最大の良さは軽快な装着感にあります。
側圧はやや強めですがベロア素材のイヤーパッドがクッションの役割をしているお陰でそこまで気になりません。
また、初めてこの機種を持った人は軽っ(゚∀゚)!!と感じると思います。もちろん軽いからと言っても強度はしっかりあります。
この軽さと良好な装着感が長時間使用しても疲れをあまり感じさせないリスニングを可能にすると思います。
音に関してはもう少し鳴らしてから記事を挙げたいと思います。
それでは長くなりましたが、次の記事でノシ


スポンサーサイト

| ヘッドホン | 18:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

SRH1840ですか…
羨ましいです(´ω`)

それだけ大きなヘッドフォンだとそろそろ据え置きアンプが気になって来るんじゃないですか?(σ´∀`)σ

音のレビュー楽しみに待ってますね^^

追記
もう知ってるかもですがシリアルナンバーを送ればSRH1840を購入された方先着200人にヘッドフォンスタンドが貰えるようですよ^^
http://www.phileweb.com/sp/news/audio/201212/14/12870.html

| mochinaga | 2013/01/04 19:30 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>mochinaga さん
コメントありがとうございます!
はじめはSRH1440を買おうとしたのですが気づいたら1840をポチってましたw

DAP直でも十分に鳴らせますよ(゚∀゚)(据え置きに誘うのはヤメルンダ)

了解です(`・ω・´)ゞのんびりお待ちください

| ぷは~ | 2013/01/04 19:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puhaanime.blog.fc2.com/tb.php/19-375ea7e0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。